ホーム  >  3.売却活動の報告


3.物件紹介


| ご売却時の流れ | 1.ご相談と物件価格 | 2.媒介契約 | 3.売却活動の報告 | 4.不動産売買契約 |
| 5.引渡し準備と抵当権の抹消 | 6.残高の受領と物件のお引渡し |



地元密着型のセンチュリー21ならではの豊富なネットワークが、最新の物件情報をご紹介。実際に現地を見て、納得のゆくまでお選びください。

●あなたの街のセンチュリー21が、お手伝いいたします。


現在お住まいの街のセンチュリー21はもちろん、新しいお住まいを探してらっしゃる街のセンチュリー21にお越しいただいても、お客様のご希望にそった物件のご紹介をさせていただきます。


●実際に物件を見に行きましょう。

ご紹介した物件の中にお気に入りの物件がありましたら、積極的に見学に行きましょう。売り出し中の家の室内やモデルルームなど、オープンハウスの開催日であればお好きなときに予約無しでご覧になれます。また、スタッフにお申し付けくだされば、オープンハウス期間以外でも現地へのご案内から様々なご質問等にも丁寧にお答えいたします。

◯鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
鉄骨で組んだ柱やハリの周りを鉄筋コンクリートで覆う工法。RC造より頑丈なため、高層建築に用いられます。
◯鉄筋コンクリート造(RC造)
鉄筋で骨組みを構成し、その周りをコンクリートで固める工法。中高層建築の代表的な構造です。
◯プレキャストコンクリート造(PC造)
工場で生産した鉄筋コンクリート板を、現場で組み立てる工法です。
◯専用使用権
バルコニーや専用庭、駐車場のような共有部分でありながら、特定の人だけが使用できる権利のことです。毎月の使用料が必要な場合もあります。
◯建ぺい率
敷地面積に対する建築面積(一般的には1階の床面積を指します)の割合のことです。用途地域によって制限が異なります。
◯容積率
敷地面積に対する延べ床面積(一般的には各階の床面積の合計を指します)の割合のことです。建ぺい率と同様に用途地域ごとに異なります。
◯用途地域
市街化区域では地域区分があり、各地域ごとに建築可能な建物の用途や規模に制限があります。
◯市街化区域
都市計画法の適用を受ける地域では、市街化区域と市街化調整区域に分けられています。原則として、市街化調整区域では建物の建築や開発行為は認められていません。

●現地でしっかりチェックしましょう。
ご覧になる物件の内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども、
ご自身の目でしっかりチェックしておくことが大切です。

物件のチェック
  □内・外装の材質や汚れ、ひび割れは?
□部屋数や使いやすさは?
□日当たりや風通し、騒音の有無は?
□ドアや襖はスムーズ?
□畳や床のきしみは?
□雨漏りや腐食の状況は?
□台所や浴室、トイレの換気は充分?
□水まわりの設備状況は?
□収納スペースは充分?
□車庫や空調設備の状況は?
□私道や共用施設の有無は?
□増改築の必要性は?
物件のチェック
  □周辺道路の状況(交通量など)は?
□スーパーや商店街は?
□病院は?
□学校や幼稚園、図書館などへの距離は?
□最寄り駅からの時間は?
□始発・終電の時間や混雑状況は?
□晴れた日、雨の日の状況は?



◆レインズで情報収集
「レインズ」は、建設大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。多数の会員不動産会社間で、パソコンやFAXを利用して不動産情報を受け取ったり提供したりすることができるので、より多くの物件をご覧になることができます。センチュリー21の加盟店は建設大臣指定レインズ会員です。


[←Step2へ][Step4へ→]

ページトップへ